健全な身体を持っている人ならば、誰でも始められるスポーツがあります。

それは「走る」ということです。

特別な道具や能力を必要とせずに、自分の身一つで始められる素晴らしいスポーツだと私は思ってます。

走ることといえば、一般的にはダイエットなどで推奨される有酸素運動の一つですが、
実は走ることはただ肉体を鍛える効能だけではありません。

走ることによって心の方にも良い影響があるのです。

人間は歳を重ねると筋力が衰えてきますが、まず脚の衰えが目立ってきます。

脚が衰えていくと、徐々に動くのが億劫になっていきます。そして身体を動かさなくなると、
気持ちまで動かなくなって何をするにもストレスを感じるようになってしまいます。

完全に悪循環です。

一方で日常的に走ることを習慣にしていると、身体を動かすことにあまり抵抗を感じなくなります。

すると、気持ちの面でも作用してストレスを溜め込みにくくなります。

三十分以上軽い運動をしていると、脳内物質が働き鎮痛効果や気分の高揚、幸福感などが得られる神経伝達物質が出るということも関係していると思います。

身体を鍛えられて、心をリフレッシュさせることができてダイエットも期待できる。
誰もが自分の身一つで行える素晴らしいスポーツなので、是非とも日常に取り入れて欲しいと思います。

Two women have a stretch of the legs in the park
この記事が気に入ったら
いいね!しよう